文化・芸術

2012年11月10日 (土)

11/10

イタリアツアーから帰ってきてしまいました。ミラノ・ベネチア・ピサ・フィレンツェ・ポンペイなど恐ろしいスケジュールをこなしてからの最終地ローマ。彫刻の数々が未だ頭を離れません。

最後は丸一日単独行動。一人でボルゲーゼ美術館に行ったり、

DSC02193

サンタ・マリア・デッラ・ヴィットーリア教会、DSC02203

↑感涙するほどの美しさ。 my favorite!

 

 

サン・フランチェスコ・ア・リーパ教会に行ったり、DSC02300

(この地味な教会の内部には

DSC02257 とても美しい彫刻がたくさん。お目当てのベルニーニの作品「福者ルドヴィカアルベルトーニ(Beata Ludovica Albertoni)」は撮影禁止だったので写真は無いけど、教会へのお賽銭と引き換えに絵葉書をもらってきました。ご興味ある方はググれば画像がたくさん出てきます。美しいです。)

サン・ピエトロ広場を再訪したり(前日に20分だけしか見れなかったサンピエトロ大聖堂に改めて行くつもりが、入場の行列が長すぎて時間切れ。。広場だけ見て帰ってきた。 )

もっと見たいもっと見たいと欲求不満ではありますが、今回はしょうがないので次回はもっと時間をとろうと思います。

 

DSC02344

青空とサン・ピエトロ大聖堂。雨季にも関わらず、本当に天候に恵まれたイタリア滞在7日間全9日間 でした。行列は私の背後にもぐるりと壁に沿うように続いていた(泣)

一人の時はベルニーニ行脚でしたが、ツアーではダビンチ、ミケランジェロもたくさん見ることができてよかった!しかしとてもこれで満足とはならず見足り無いですが。

あ、あと次回はオペラグラスも必携だ!(メモ)

お土産などのお買い物は疲れ果てた体で短時間で済ませたので、帰ってきて見たら・・「失敗」の二文字が頭をよぎるorz ごめんなさい。

 

留守中に来ていたお見積もりも、いつもなら「高いと思うならやらなくてもいいでございます。」な感じですが(決して高くはないはずなので)、イタリア再訪資金のためにと最後に「よろしくお願いします!」と書き足しておいた。

 

よろしくお願いします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

10/24

いつの間にか秋なので、

bernini

ベルニーニ~バロック美術の巨星~読んでます。

wikiから引用ですが

「ベルニーニはローマのために生まれ、ローマはベルニーニのためにつくられた」と賞賛されたバロック芸術の巨匠である。

ローマにはたくさんベルニーニの作品があります。(スペイン広場の「舟の噴水」など)

そして、テレビで紹介いたされていた「「アポロンダフネ」(ボルゲーゼ美術館蔵)を見て、実物が見たくて見たくて仕方がなかったのですが、もうすぐ実現できそうです。

イタリア縦断ツアーで観光名所を巡り、最後にローマでツアーを離脱しボルゲーゼ美術館など、見られるだけ見たいと思います。

ツアーに申し込んだのはずいぶん前ですが、このごろやっと実感。準備のためスーツケースやヒートテックを買いに行ったり、ユーロの為替を気にしたりしてます。

さらにヒートアップしようと、沢山ベルニーニ作品が見られるという映画「天使と悪魔」を借りにツタヤに行ったら5本ある在庫の全てがレンタル中 。。。

なんの嫌がらせ?と思うほどにそこだけきれいにレンタル中。。。最近話題になったりしたのかな。

 

ボルゲーゼ、予約 などで来られた方へ。

ボルゲーゼ美術館の入場は予約制です。英語サイトから申し込みました。(イタリア語サイトからだと、イタリア国内の出身都市の選択記入が必須になっていて、該当がないと予約に進めなかったです) 2012年10月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

一ヶ月の間

このところ、ハリーウィンストン、ルネラリック美術館、カルティエ展、ジャンマリアブチェラッティといいものを見る機会に恵まれてます。

来週はフェデリコブチェラッティを見に行く予定。楽しみです。

ジャンマリアブチェラッティには本当に感動!!一人であんなもの作れたら気持ちいいだろうな~

かけ離れた技術だけど、お仕事へのモチベーション急上昇。

日々の仕事以外にも自分の時間を作って洋彫りの商品を少しでも進めなければ。

 

DSC02289

時間が経つほタガネを入れる決心が鈍る・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

ゴッホより好き?

あったかいって幸せ。

ってことで、季節はずれにあたたかだった休日、さすがに桜はまだ咲いてないながらも、蕾がぎっしりでカウントダウン状態の上野公園へ。

公園内の東京都美術館へARTS&CRAFTS展を見に行った。

 

絵画や彫刻ではなく、ただの椅子みたいな生活用品もねじの一つ、ラインの一本でARTになる・・美しいもの(ART)とそうでないものの分岐点って・・

展示品は好みの問題もあり、すべてがすばらしいとは思わなかったものの、一応物を作る人間としてつい眉間にしわを寄せて考え入ってしまう興味深い展覧会でした。

そしてウィリアム・モリスと奥山清行さんってやろうとしていること似てるのね。なんて思ったりして。

そうそう、ただいまマイブームのアドビイラストレーターと、CADでモデリングしたら、いいに練習になりそう!!というテキスタイルや家具、日用品が満載で、そういう意味でも面白かったです。やっぱり図録買おうかな・・

 

どさくさにまぎれるかのように展示されていた棟方 志功の版画、すごかった。緻密なもの、細かいものが萌えポイントの私の好みではないはずですが、意外にも強烈に印象に残ってしまいました。

「二菩薩釈迦十大弟子」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

ルーブル

本日は、急に思い立って、ルーブル美術館展に行ってまいりました。

豪華絢爛、全てにおいて、時間とセンスとお金が、惜しみなく使われた品々が、

沢山来日してました。

品々の、その豪華さと、用途のバランス(すごい 「お塩入れ」とか。)が、現代ではとても考えられません。

実に華やかな日常を想像しながら回ると、時にうっとり、時に驚き、時に笑いで、楽しかったです。

前から、猫足の家具とか、豪華な額縁とか、大好きだったので、今回、見ることができた家具やら、燭台やらには、ズキュンときました。

でも、わたくしの場合、この「ズキュン」は、『欲しい!!!』ではなくて、

『作りたい!!!!(;≧皿≦)。!!!!!』なのです。

ぜひもう一度、こんどは、きちんと時間をとって、行きたいと思います。

そして、1.2年のうちに、本場に行きたい~。

Rimg0429_2

最近、デジイチやら、ブログやら、いわゆるIT?に強くなるべく、奮闘してます。

いままで、かなり逃げ腰で、インターネットで情報探し程度しか、しなかったんですが、

とうとうお尻に火が付いたといった感じで、焦りつつも、ちょっとずつ・・・

昨日の成果は、Photojpeg オリジナルステッカー

アンティークショーで買った絵葉書を取り込んで、ちょっと加工。

屋号のPraStage,入れてみました。

あとは、ステッカー用の用紙にプリントしなくてはなのですが、

これ↑をちょうどよい大きさにして、ズラーっと並べて、効率よくステッカーを量産できるように・・・・・できん(‐”‐;)


じつは、こんな弱音を書くのに、画像データをて・ん・ぷ・・・・


できなーい    o(_ _*)o

ウェブ用の画像サイズがあるのも、なんとなく知ってましたけど、そのやり方が・・・・

なんとか大量の時間をかけてがんばりました。

このブログに載せた写真のほとんども、さむねいる ぽっぷあっぷういんどう がえらいことに・・・・

  il||li _| ̄|○ il||l  ほんとは前から知っていたの・・・

サイテキなオオキサが、わかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月31日 (月)

良いお年を

大晦日です。

明日から2008年。

ほんと、一年 無事に過ごせて、皆様に感謝です。

来年は、ますます、ジュエリー業界にとってきびしい一年になるかも知れませんが、

くさらず、あせらず、いい仕事をして乗り切りたいものです。

日々、技術とセンスと知識を向上させて、来年もがんばります。

今日は、またまたデジイチ研究。それと、洋彫りの練習。

早く洋彫りを施した製品を作りたいので、練習あるのみ!!

032_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)