CAD

2015年8月16日 (日)

2015/08/16

お盆休みも終わり!明日から仕事です!って仕事場で書いてます。

 

 

CADと洋彫りをはじめてもう6年も経ってるのね・・

修行というか作品になるまでの時間を経て2013年作だから・・・

これ作るまでに4年。。

WS000548

WS000549

WS000550

 

WS000552

と、反省をこめて振り返ってみました。

だって新しい機械やソフト買ってもなかなか重い腰が上がらないからっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 3日 (日)

2015/05/03



ちょっと大物。
やっとここまでこぎつけたー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

2015/02/15

液晶ペンタブレットでデジタル造形『ドラゴンを作る』(全10編)なるものを見て(液晶ペンタブもってないけど)、いつぶりぐらい?のZbrush。気がついたら2時間経過。楽しい。大人の天使とかマリア様的なの作りたい。

WS000430

今まで分からなかった「サブツール」ってやつが動画のおかげで分かった気がするので髪の毛に挑戦だ!

なんか他にもっとやるべきことあるのにな。楽しいな。

 

 

 

WS000431

天使とかマリア様風でもないけど。むずかしい。

サブツールってシンメトリー効かないの???

 

保存の仕組みも分からず。。消えちゃったよ!

WS000432

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月25日 (火)

2014/11/24

オーダーメイドやリフォームなど一点ずつお作りする場合、お客様と宝石屋さんと職人全てのイメージが統一してないと様々なトラブルの元。

ということでデザイン画制作ということもやっています。(下請けで)

イメージ図というより設計図。正確。でいて職人の器量に任せられる程度に曖昧に。

しかし、頭の中で考えて製図しても正面図と側面図の辻褄が合わないことはしばしば。我の強いデザイナーさんと職人さんはよくこれでトラブります。作る側にとっては時間が無駄になったりすることが多く、かなり迷惑なんだけど脳内だけで正確に正面と側面の辻褄を合わせるのって本当に大変なんです。

 

そこで登場 ライノセラス!!(3DCADソフトの名前)

デザイン画制作に必要なところだけ作って。

WS000396便利な機能を駆使して

 

 

WS000395線を引き~

 

プリントして、トレース&着色。

IMG_3253

かなり正確なデザイン画になっているはず。

 

正確に書くのが大変難しいこんな図も

IMG_3242

 

 

IMG_3243

モデリングしてあれば、かなり正確。

上の写真Aをお客様に見ていただいて、職人さんにはさらにB添付したりすると、きっとスムーズにいくのではないかと思います。

 

10年ぐらい前、ジュエリーデザイナーもイラストレーター(アドビ)を使えなきゃ生き残れないなんて言われた事もあったけど、そんなことには全くならなかった。

イラレを使える人が、制作不可能な物をオーダーしてくることは数回あったけど。(肉眼で見えないほど小さな装飾にこだわるとか、厚みが全く考慮されてないものとか、装飾品としての強度無視とかとかとか)

 

わざわざトレースするのは、ジュエリーのデザイン画は手書きの方がいいから。お客様にデジタルはあまり好まれない。(それともうちに来るお業者さんだけ?)

 

コンピューターを使うので簡単だと思われるかもしれませんが、意外と大変です。なので、これに関してはもうお客さん増えてくれなくていいです。(笑)

正面図オンリーなら比較的簡単なんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

2014/11/8

寒い。去年は楽々あったかなブーツで過ごしすぎて体が鈍ってしまったので、「来年は極力パンプスで過ごすぞ!」って決意したのに早くもブーツの誘惑に負けそうです。

 

もうすっかり手放せなくなった3DCAD。

手作りよりも感じがいいモデリングができるようになってきたみたい。
(こだわりあるお客様にも褒めていただけるようになったので自画自賛~)

道具なんで適材適所ではありますが、これからもどんどん使っていきたいと思います。

DSC01564WS000405CAD。

DSC01476WS000406CAD。

DSC00619手でワックス削りだし(リング)。手巻き(石座)

 

DSC01376手でワックス削りだし(鳥さん)。とCAD(石座)

 

そういえば去年の今頃はイタリアに居たんだ。また行きたいなぁ。(鳥さんの背景はイタリア土産)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月18日 (水)

9/18

25日までやって居ります。

ピアレ様での展示販売。よろしくお願いいたします。

 

私は日々の仕事をこなしつつ。

WS000125

制作活動。

行き詰まって進まない。↑

適当にごまかしたい気持ちを抑えながらの磨き作業↓

DSC02582

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

展示会兼期間限定Shopのお知らせ

今年もやります。原宿では3度目の開催です。

始めてからというものたくさんの学びがありましたが、一番の学びは一年という時間の短さかもしれません・・・

新作の数には自信がありませんが、できるだけ増やそうと今もがんばって制作を続けています。

私以外の三名のジュエリーも個性的で、毎度、多様で見飽きないとのご意見をいただいております。是非お出かけください!

 

2012sekiunn-1

2012sekiunn-2 

 

 

積雲画廊地図 JR原宿駅竹下口を出て左。すぐですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

2/11

最近時間が欲しいと思う理由のもう一つはデジタル。

手仕事が一番好きですが、道具の一つとして3DCADと3Dプリンターもちょいちょい使います。最近よきライバルができたのでこちらの分野に関する興味が再燃。

 

今後修正が何度も入りそうな案件なので後々変更がしやすいCADでやってみました。

himawari-deta

このデータを

 

DSC01402

「iModela」という3Dプリンターで出力。

手作業でも材料として使っている「モデリングワックス」という素材を刃物を使って削ります。この刃物も手作業で使うのと同じものをつかうので、ホント代役さんというか、助手というかな役割です。(まだまだ扱いに慣れてないのでぎこちない関係ですが、きっといつか阿吽の呼吸に。)

 

DSC01406

判りずらいですが、こんな感じで出力されました。

 

DSC01408

細部に手を加え、土台をっ削って厚みを調整したもの(右)と助手が仕事している間に手仕事で作ったお花モチーフのパーツ。

データつくるのに時間がかかるので、時間の節約になっているかどうかわかりませんが、最近楽しんでやってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

3DCAD

承った仕事で3DCADを触るうち、もうちょっとレベルUPしたくなりました。

 syukudai

有機的曲面など、CAD(Rhinoceros)でやるものではない派ですが、チョコチョコと。

左が今日、右が昨日。

 

point

制御点を0.01ミリ単位でイジイジ。

はまると時間を完全に忘れることが多々あるので、本来やらなくてはいけないことを疎かにしないように気を付けねば・・・・しかし楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

一ヶ月前のだった。

  早い、早すぎる。

時間が経つのが・・・

 

DSC04936

DSC04941

CADで造型してみたけど、結局地金で飾り職人さんに制作してもらった。

この樹脂モデルがあったおかげで石の高さや、石座の絞り具合(これ大事)がばっちりな出来栄え。&手作り感もGOOD。

 

DSC05069

0.2カラット×10ピースのスイートテン。

全てDカラー、エクセレント、VVS以上のダイアでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧