« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月26日 (火)

2016/01/26

今年も行ってきました国際宝飾展!

 

 

数年前に同じ国際宝飾展でたまたま仕入れて指輪に加工したこちら

017dfc671e2ba96f57d596f030c82b2a747208683e

カボションのレッドスピネル。

指輪の腕に入れた彫りが気に入らず、お蔵入りと言いますか、私物に下ろしまして

ワタクシの指へ。

同じシリーズでルビーの商品もあるし、まぁいいか。と思ってたのですが、

やはり人がしているものが良く見えるようで、接客の際に身に着けていると

「それがいい!」と言われ・・・

(確かにな、スピネルの独特の赤みと照りはルビーとは一味違うもんな・・・)

以来同じようなレッドスピネルを探してましたが、どこのお店に行っても、「スピネルのカボションなんてないよ(笑)」と言われ・・・

「じゃあ、じゃあ私の持っているコレは何なんだ?スピネルっていうのは間違いなのか?」と疑い始めてさえいたのです。

だがしかし!

今回見つけました!立地の悪いブースでしたがミャンマーの国旗がチラリと見えたので、もしや!と思ったら、ほんの一握りもないぐらいのカボションカットのレッドスピネル!!

(ミャンマーのモゴック産の石なのです。)

 

01bfba2eafa535265a30fbd4ffaba2cd1daedb9f83

おそらく20ピースも無い中から一つだけ今もっているスピネルと同じぐらい赤い、同じくらい傷の少ないスピネルを見つけ仕入れ完了。

今回が2回目の宝飾展だと言うお若いビルマ人店主についつい「アリガトアリガトアリガト」って連呼してしまいました。

簡単な鑑別を取って、また同じシリーズの指輪にしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月15日 (金)

2016/01/15

もう一度生歌が聴きたくて来日公演見に行きました。01ee3fd70b19d8fd62af1775d2546da68e8264b2bc

アダムランバートさま。歌完璧。スタジアムでも上手に聞こえるんだから、ホールでみたらノンストレス!!クイーンのボーカルとして来日したら全日程行きたい。

だからお願い。来て!!!!

 

 

014e575a79a5ab07c1132e2c7feaa45ecc7c3c0808

唐草を書く練習をしようと文庫本サイズのノートを入手。三日坊主にならないように描き心地の良い上質な紙のものを購入。税抜き600円。

字が書いてある文庫本よりお高い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月10日 (日)

2016/01/10 エタニティリング

デザインとお見積もりがOKとなったので、モデリングをば

2010年ごろ作った

WS000589

こんな感じなら簡単なんですが、年々こだわりが出て今は

WS000590

こんな感じに絞りを入れたり、なんだかんだと手間が増えてもジュエリーらしい品の有るモデリングするよう心がけてます。

(手前味噌ですが、今回のこちらは製品の出来上がりを見た職人さん(CADもやる人です)さえ、とあるベテラン手作り職人の手による物だと誤解していたので、CADっぽい硬い感じを与えないモデリングができたようです。(^-^)v)

 

ここまでやれば、あとは私の手を離れ、造形、鋳造、仕上げ、石留めと様々な専門職の手を経て製品となります。私は各工程の問題発生時の対処と仕上がりチェックと納期管理と成功祈願がお仕事。

今回は壊れやすい形状なので不安はありましたが、仕上げまでは大きな問題は無く行きました。関わってくださった方々に感謝です。

石留めは、無理やりダイアを3つのサイズに分けてリングを作ったので、小にしては大きすぎる石、中にしては大きすぎる石に大変苦労させてしまいました。通常時でも困難な短い納期を年末進行の時期にやるということで、端折らずにはおけなかった部分の弊害でした。反省。。

でも石を留める爪がもげたりの夜中の緊急事態もすぐに職人ネットワークで助っ人要請、すぐに爪を立て直してもらうなどの臨機応変対応で無事に昨年中になんとか石留めまで完了。(お休み返上で引き受けていただき大感謝です。)

お正月休みが明けて、レザー刻印入れとWGにロジウムコーティングを施し、PIALE様に納品。

そして、いよいよご依頼主のニューヨークにお住まいのA.N様のもとへと。

014a9481a7c27e4b8712ad622eb839dd5a09a21d86まばゆい!

たくさんの幸運とたくさんの協力のおかげで、ご帰国までに間に合わすことができました。

もちろん出来にもご満足いただいたと聞き大変うれしく思います。

これもきちっとした仕事をしてくれる仲間があってこそ。そう実感せずにはいられない一年の始まりでした。

DSC02441

自信を持って大写しに出来るクオリティーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 9日 (土)

2016/01/09 エタニティーリング

エタニティーリングとは・・永遠の意味からイメージする通り切れ間無く指をぐるりと一周ダイヤモンド(時には違う宝石でお作りすることもありますが)が囲う、とても贅沢な気分になれるリングです。

 

年の瀬迫る12/18日、お預かりしたのはダイヤがグラデーションになっているネックレスでした。エメラルドも入ってます。

01fb339b1615fbb036ee284592f812187f97520ce6

もっと大きいダイアも使われているネックレスですが、今回エタニティーリングにリモデルするのはは3.2mm~3.9mmのところ。

お作りするのは3本。K18のイエロー、ピンク、ホワイトをそれぞれ一本ずつ。

サイズ9番、救いは3本同じリングサイズであること。

大雑把に分類して3.9mmのダイア(大)12P、3.6mmのダイア(中)30p、3.2mmのダイア(小)36P・・・・・エタニティーリング1本につき使えるダイアは大4P・・・

お写真を拝見した限りでは、なんとも難しそうだなぁ・・・・・という感じでしたが、パソコンを開き、3DCADソフト「ライノセラス」を立ち上げてみると

そこに奇跡が起きました!!!

 

WS000586

赤=大 紫=中 緑=小

お客様のなるべく高さを出さないと言うご要望にもピッタリ。

しかも

 

014d497f573308b0b03415ebde5bb61cd8f8334b21

 

3本を重ね着けしても大と小が互い違いになるので、重ねて着けた時に違和感があるのではないかというお客様のご心配もスッキリ解消。違和感どころか一体感を感じていただけるはず!

なんということでしょう!

もしお客様ろリングサイズが6番以下だったり、13番以上だったり、大のダイアが11Pしかなかったら、3.2mmじゃなくて3.0mmだったらこうはならなかったのです。

リモデルで、エタニティリングで、こんなに最大限にダイアを活かせて、お客様のご要望通りに出来るなんて、ゴルフのホールインワンみたいな奇跡なんです!!!(伝わってますか?この興奮)

つづく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年1月 3日 (日)

2016/01/03

お正月は実家にて家族と。

姪っこの成長と、実家猫が去年は怖くて近づけなかった姪となんとか仲良くなろうと、ビビりながらもコミニケーションをとろうとする姿がかわいくてかわいくて癒されました。

母性本能なのか、私のほうが上だという主張なのかはわかりませんがw

WS000583

 

 

昨年からの宿題。

リフォーム(リモデル)でお預かりする石は、色が濃くてきれいなものが多いのですが、その分石のお尻も深いので今っぽい感じにするのはバランスが難しい。

今回もまだ納得できないのと、でももうやりようが無いしなという葛藤で、予定は押してますが造形にまわせない・・・

 

WS000582

今回は中石の爪は地金で立てる作戦。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

2016/01/01

嘘みたいに暖かくて爽やかなお正月。年賀状作ってる時はこんなお正月になるなんて思ってませんでしたので雪みたいな、光みたいなのをフワフワさせてしまいましたcoldsweats01
本年もよろしくお願いします


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »