« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

よいお年を

大掃除。ホコリ、汚れ意外と溜まるものですね。

いろいろ整理もしたかったけど、ほどほどに切り上げて休養したいと思います。

 

今年は初の展示会などもあり、めまぐるしく過ぎてしまいました。

来年も情熱を持っていろいろ動いていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

寝てます

残念ながら気力がもたず、発熱(´Д` )
病院行ってきた。

インフルではなかったけど、38度越え(T ^ T)

大掃除〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

来ると思った

ほとんどの会社でそうなように、本日大掃除で今年の営業最終日とさせていただく予定でしたが、14時に来客。どーしても今日デザイン画が4枚欲しい!!!!と言う依頼。

はいきたコレ。

個人経営って融通利きます。( -_-) そんなわけで大掃除は中止。とはいかないので明日やります。(家の大掃除についてはご想像にお任せします。)

 

先週忘年会やらジャンクショーやらで外出が続き、混雑した電車で風邪をもらいました。喉が痛いよ~。

 

恒例の馬

 001r

 

 

    イタリアン

   002r 004r

 

  たまねぎ

009r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月27日 (月)

野菜だけ!

野菜だけで作られたラーメンを食べに行きました。

9D688A56-BEA5-4746-B3C2-7EDAEF94A235

テレビで見て、美味しそうと思ったら、徒歩圏内だったのでラッキー(=´∀`)人(´∀`=)
野菜だけとは思えない、味わい深いラーメンでした。初めてスープを完飲( ´ ▽ ` )ノ

ただただ残念なのは、ここでの営業が明後日までだということ。来年から高円寺だそうです。
メニューにあった他の味も食べたかった(´Д` )

玄菜院

2月にアキバに再オープンだそうですが、まったく同じメニューじゃないらしいです。

初めて、iPhoneから投稿してみました〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

ラリック美術館にて

只今、箱根ラリック美術館にてJJAジュエリーデザインアワード2010の受賞作品が展示されています。1月10日までと短い期間ですが、お近くに行かれる方はぜひお立ち寄りください。目の保養になりますよ(*゚▽゚*)

 

企画・展示 - ミュージアム MUSEUM - 箱根ラリック美術館

 

 

image image

制作に携わった2点も展示中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

はじまり。

オープン直後の土日を、微力ながら手伝わせていただいた2k540のAki-okA ジュエリー工匠。一応、力になれたようで、一安心です。

20年以上も業者さんからの仕事を請け負ってきて、腕には自信があるものの、エンドユーザーと関わることはほとんどなかった本物の職人さんなので、接客にかなりの不安を感じていたようですが、3日目にしてすでにユーザーさんの反応を楽しんでました。

「目の前の工房で作られる」ということが、こんなにもお客様の興味を引き、安心感を与えるのかと、改めて驚いた助っ人のわたくしでありました。

落ち着いたらもっと、職人仕事を見てもらえると思うので、機会があったら覗いて見てください。職人にしか出来ない接客がここにあります。

 DSC01044

ズームインスーパーに取材されてましたが、放送されるかな?予定は明日の月曜です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

2k540

高架下が、「職人の街」から生まれ変わります。

明日、待ちに待った2k540 AKI-OKA ARTISANのオープンです。仕事場から3分です。

 

お世話になっている職人さんも満を持しての出店することもあり、たいへんうれしいです。これをきっかけに、御徒町のイメージがちょっとでもよくなったらいいなぁ。

規模はまったく違いますが、自分の初展示会直前の混乱を思い出し、少しでもお役に立てたらなあと、昨夜覗きに行ったのですが、お話させてしまってかえってお邪魔になってしまった・・・反省。

しかし、この土日は助っ人を、ということで、やっとお役に立てるかも。

というわけで[K-2] のAki-okA ジュエリー工匠というショップでお待ちしてます。

工房そのまま再現してていい感じですよ。

 

今日が、オープン前夜。人ごとながらドキドキです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

結婚指輪

友人からの依頼で作った、大変興味深い素材「木目金」

木目金というのは、何層にも複数の種類の金属を、ミルフィーユみたいに重ねて、地金の塊を作り、それに穴や凹みをつけたり、伸ばしたりねじったりするうちに金属の色の違いから木目のような模様が生じるという、江戸時代に出来たとされる金属加工技術のことです。一般的には銀と銅などのはっきり色の違う金属を使います。

しかーし今回はどちらも銀系色のプラチナと銀。職人でも言われなくちゃ分からないと思います。

目下高騰中の高価なプラチナ、貴重なレアメタルを無駄にはできないので入念に計算。

Dsc01005r

何層重ねたらいい具合の模様が出来、且つ無駄が少ないのか・・ここが一番の勝負と言っても過言じゃない。重ねた後に伸ばしたりする事も考えなくちゃいけません。

 

計算した長さ、厚みになるようにローラーで伸ばす。

Dsc01003r

伸ばす
 

Dsc01004r

014r

見分けつかないので、間違えて重ねないように注意しながら一枚ずつ重ねてロー付

Dsc01007r

見た目分からないですが、何枚か重なったところ。

 

この後、ドリルやリューターで削り凹凸をつけたりしながらリングの太さまでまた伸ばす。どんな模様が出るのか、ドキドキ。 (興奮して写真を撮ることは忘れる。)

 

 

そして形成。

Dsc01009r

 

 

 

 

 

 

 

 

シルバーはプラチナに比べて削れ易いので、わざと荒い研磨材で磨きをかけ、プラチナとの段差を生じさせると、年月の経った木材のような表情に。硫黄成分の液体に漬けて銀を硫化させ、また軽く磨くと、溝の部分だけ硫化銀が残り、渋い風合いに。

Dsc052751r

 

 

この素材は同じ方法、材量、分量で作ろうと、その模様は絶対に同じものは作れません。絶対にオンリーワン。

 

これから生活していくうちに自然と磨耗して、その表情もまた変わっていくと思います。

結婚指輪にオンリーワンでありジーパンや、ヌメ革のようにだんだんと使う人に沿った変化をしていくであろうこの素材を選んだ彼が、長い年月を共に過ごして行きましょうというメッセージを込めているような気がして勝手に感動してしまいました。

 

そしてそんな友人の披露パーティーに行ってきた。二人の人柄いいからかおもろい人いっぱいで笑いすぎて喉ガラガラ。あ~楽しかった。

 

写真、まともなのなかったので、誰かください。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

12月4日

昨日、クライマックスを迎えてました。
050r

053r
磨き終わり、、生地のままのホワイトゴールド。

Dsc01017r

ロジウムメッキをかけて完成。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »