« 長かった。 | トップページ | ルーブル »

2008年1月25日 (金)

国際宝飾展と徒然

お疲れ様です。

きょうは、国際宝飾展に行ってきました。

ぐるっと遠回りでイライラする、 ゆりかもめ に乗り、またまたビッグサイトへ。

寒い。

道具関係と、海外ブースを主に見て回り、出展しているお客様や知り合いにもご挨拶。

去年よりも人出が多いのか、良い雰囲気でした。

まあ内容は、例年とあまり変わらず。

いつも思うのですが、国際宝飾展ですよねー。

国内、海外から沢山の人がいらっしゃる大きなイベント。

日本の宝飾業界の一番大きなイベントですよ。

なのにさ・・・大きなブースで(=大きな会社)が堂々と出しちゃってるんですよね。

ブランドのコピー商品。

展示会以外なら出してもいい、作ってもいいということではないですけど、

意識低すぎ だと思います。しかも、店のお兄ちゃん、「これ、売れますよ~」だって。

まあ、売れるんでしょう。本物の四分の一ぐらいの値段で。喜んで買う、仕入れる人もいるんですよね。  なんか悲しくない?

そうです、中国の遊園地を笑う資格ないんです。著作権なんて全然根付いてないですよ、日本。

わたしは、一応でも、デザインする側の人間として、人の著作権も大事にしたいと思ってます。出来る限り。デザインも、音楽も。

あとひとつ、

以前は、国際宝飾展とは、小売店さんの仕入れの場。一般のお客様はお入りいただけない場所でした。

じゃないと、小売店さんは、仕入れ値がばれちゃうし、世界の品揃えを前にしたら、とてもじゃないけど、勝ち目なし。生きては行けなくなっちゃうから。

今は、かなりの数の、一般客様達が、お見えになってます。

先ほど、今日、出展していた、デザイナーさんのサイトを見てたら、サイトを見に来た不特定多数の方に、出展のお知らせと 「ご希望の方に招待状送ります。」 の文字。

あたしが小売業者なら、苦情言う。周りをよく見て!!って。

小売店さん、がんばってください。時代はどんどん変わるけど。

変わる世間もあるが、今日飲みに誘われた。友人に。

彼は34歳。去年彼がとてもステキな伴侶と、めでたく結婚。そのときには、結婚指輪を作らせてもらった。

なぜ、今日の飲みに誘われたかというと、は、34歳のそこそこの収入のIT系サラリーマンであるにもかかわらず、今夜、 上野発の夜行列車で 友人と旅に出るのだそうだ。

だから発車までの、暇つぶしに、上野界隈で生息している私を飲みに誘ってくれた。

あれは、13、4年前、このと、もう一人の友人と私の三人で、京都へ貧乏旅行へ出かけたことがある。 青春18きっぷで。 出発は、やっぱり夜行列車。無駄に早く集まって、やっぱり居酒屋で時間を潰した。

あいつ変わらないな・・・・・

あたしには、もう出来ん。だって、もう年だから。お金もあの頃よりたくさん持ってる。時間はあの頃より短くなった。

そんなを、笑顔で送り出し、時には一緒に楽しめる、彼の奥さんが私は大好き。

あなた達には、いつまでも変わってほしくないです。

|

« 長かった。 | トップページ | ルーブル »

「ジュエリー」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504442/17836015

この記事へのトラックバック一覧です: 国際宝飾展と徒然:

« 長かった。 | トップページ | ルーブル »